不動産クラウドファンディング

SYLA FUNDING(シーラファンディング)の評判と口コミ・メリットデメリットは?

 

不動産クラウドファンディングは、新しい不動産投資のカタチとして、多くのサービスが提供され始めています。

そもそもクラウドファンディングとはクラウド(群衆)+ファンディング(資金調達)を合わせた造語です。

多くの人から資金を募り、運用する仕組みで、得られた収入は、出資者に割合に応じて分配されます。

不動産投資は、出資する対象が、投資用不動産です。

不動産クラウドファンディングは、多くの出資者から資金を募り、不動産を取得、運用して収益を上げるビジネスモデルです。

SYLA FUNDING(シーラファンディング)も、不動産クラウドファンディングのサービスです。

この記事ではSYLA FUNDING(シーラファンディング)に注目し、特徴や利用するメリット、口コミなどについて詳しく解説していきましょう。

SYLA FUNDING(シーラファンディング)の特徴とメリット、おすすめポイント

Jointαジョイントアルファの特徴とメリットは、

  • 特徴1:株式会社シーラが運営
  • 特徴2:小額でも不動産に投資ができる
  • 特徴3:運用期間が短く、収益が早く手に入る
  • 特徴4:優先劣後出資を行っている

詳しく説明していきますね。

マンション販売の株式会社シーラが運営

SYLA FUNDING(シーラファンディング)の運営会社は、マンション販売に定評がある株式会社シーラです。

マンションの販売に定評があるのと同時に特筆すべきは、賃貸物件の入居率です。

賃貸管理業も手掛ける、株式会社シーラの年間入居率は、99.8%と異例の高さをほこっています。

不動産投資において、物件の入居率は、想定利回りに大きく影響し、不動産クラウドファンディングも例外ではありません。

なぜ、利回りは、想定利回りとなり、確定利回りではないでしょうか?

これは、投資したマンションが満室だった場合の利回りであり、入居率が悪ければ、家賃収入が減るので想定利回りが減るということになるのです。

つまり、入居率が悪ければ、利回りが下がることになってしまい、赤字になる可能性もあります。

その点、運営会社の入居率が非常に高いので、想定利回りに近い収益を得られる可能性は非常に高いですね

 

小額でも不動産に投資ができる

不動産クラウドファンディングの最大の特徴は、小額投資が可能という点ですが、SYLA FUNDING(シーラファンディング)も例外ではありません。

不動産投資は、最初の資金が大きいため、ほとんどの投資家は、金融機関から借金します。

そして、借金したお金を投資するのです。

なぜ、このようなビジネスモデルが成り立つのでしょうか?

現在の低金利により、不動産クラウドファンディングの想定利回りよりも低い金利で融資を受けることができるので、融資を受けて収益を上げるのです。

しかし、融資を受けるということは、それだけリスクを抱えるということですので、不動産初心者の人などは、なるべく借金してまでは投資したくないでしょう。

SYLA FUNDING(シーラファンディング)でクラウドファンディングを利用する場合は、最低投資額が1万円から利用できます。

リスクも非常に少なく安心感があり、不動産投資において、借金することなく投資が可能です。

特に不動産投資初心者でも気軽にチャレンジすることができます。

運用期間が短く、収益が早く手に入る

SYLA FUNDING(シーラファンディング)で不動産クラウドファンディングを利用すると、どの程度預けておかなければいけないのでしょうか。

物件ごとで異なりますので、一概には言いにくいのですが、SYLA FUNDING(シーラファンディング)で、応募されているファンドを見てみますと、現在は、全て3か月間です。

短期の資金運用ならば、想定利回りからも大きく振れることは少ないと考えられます。

短期間での資金運用において、非常に効果がある投資方法なのです。

優先劣後出資を行っている

SYLA FUNDING(シーラファンディング)も他のファンドと同様、優先劣後出資の形態をとっています。

しかし、他のファンドにおいては、多くは10%から20%程度です。

SYLA FUNDING(シーラファンディング)では30%も優先劣後出資を行っています。

優先劣後出資については、これだけではどんなことなのかわかりにくいでしょうから、詳しく解説しましょう。

最大で30%の下落があったとしても、SYLA FUNDING(シーラファンディング)が30%分を劣後出資しているので、30%の下落までは元本を保証してくれるといった仕組みです。

優先劣後出資によって、投資家のリスクはさらに下がります。

不動産クラウドファンディングで投資を行おうとしている場合、リスク面で必ずチェックしておかなければいけないのが、優先劣後出資の比率です。

高いほどに、投資家の安全性が高まります。

SYLA FUNDING(シーラファンディング)のデメリット

ここからは、SYLA FUNDING(シーラファンディング)のデメリットもしっかりとお伝えします。

  • デメリット1:応募口数に上限がある
  • デメリット2:自社物件のマンション対象なので案件が少ない

詳しく説明していきます。

応募口数に上限がある

応募口数に上限があるので、あまり大きな金額が投資できない点がデメリットといえるでしょう。

応募できる最大の口数は100口です。

100万円が最大の応募額ということになります・。

もっと大きな金額を投資したいという人には残念ですが、SYLA FUNDING(シーラファンディング)の不動産クラウドファンディングでは100口が上限です。

しかし、逆説的に考えると、分散投資の観点から、非常にリスクを分散した投資手法をとることも出来るのです。

投資には”卵はひとつのかごに盛るな“という格言があります。

かごを落とすと卵が全部割れてしまうので、かごを分けなければいけない。

つまり、投資も、ひとつの物件に、資金をつぎ込み過ぎてはいけないので分散投資をした方がいいということです。

最大100口を最大限利用しますが、残りの資金は他の投資を行うことによって、リスクを分散することができます。

自社物件のマンション対象なので案件が少ない

2020年2月に、SYLA FUNDING(シーラファンディング)の湯藤善行社長へのインタビュー記事が掲載されています。

出典:クラウドアンサーはソーシャルレンディング最新&おすすめ情報を提供「【取材】SYLA FUNDING(シーラファンディング)の湯藤善行社長にインタビュー!

これによると、主にファンドとして組成する物件は主に、自社物件で展開しています。

これは、物件の情報がしっかりしている、地域の相場も熟知しているなどのメリットもあるのですが、最大のデメリットとして、案件数が少ないことが挙げられます。

自社物件にこだわっているので仕方がないことかもしれませんが、たくさんの物件から検討したい人には向いていないかもしれません。

しかし、前述しましたが、自社物件なので詳細な情報を基に確度のあるファンドを組成しています。

案件は少なくても、ファンドを募集していたら、まず募集してみた方がいいでしょう。

SYLA FUNDING(シーラファンディング)の評判・口コミ

ここからは評判や口コミをまとめます。

SYLA FUNDING(シーラファンディング)に対して投資するかどうかをファンドの特徴を分析しています。

短期運用が、非常にメリットがあると考えていました。

 

1号ファンドを募集するときから、すでに口座を開設されたようです。

非常に注目度が高かったことが分かります。

 

SYLA FUNDING(シーラファンディング)をとても詳しく分析して紹介しています。

好意的な文章で、不動産クラウドファンディングの中でもやりやすいとのことでした。

 

SYLA FUNDING(シーラファンディング)の口座開設を行ったそうです。

やはり、優先劣後出資30%のメリットが一番、胸に刺さったようですね。

 

倍率4.4倍の募集をくぐり抜け、案件に当選されたようです。

まずは、10万円から投資されたようです。

不動産投資では、気軽に投資ができないので、不動産クラウドファンディングだと10万円程度から気軽に始めることができますね。

 

 

 SYLA FUNDING(シーラファンディング):Q&Aよくある質問

ここからは、SYLA FUNDING(シーラファンディング)についてよくある質問をまとめました。

想定利回りと期間は?

およそ3.0%から5%の想定利回りの物件が多く、期間は物件によって異なります。

多くは3ヶ月程度の運用期間が多いようです。

元本保証されてる?

元本は保証されていません。

入出金手数料はかかる?

出資金の振り込みは出資者負担になります。

出金の場合は、SYLA FUNDING(シーラファンディング)が負担します。

事前入金は必要?

入金は契約確定後でかまいませんし、事前入金の必要もありません。

優先劣後はある?何%?

優先劣後出資はあります。

30%です。

 

SYLA FUNDING(シーラファンディング)の始め方|カンタン無料な口座開設方法

 

 SYLA FUNDING(シーラファンディング)の会社概要・基本情報

名称 SYLA FUNDING(シーラファンディング)
運営会社 株式会社シーラ
住所 東京都渋谷区広尾1-1-39 恵比寿プライムスクエア7F
設立 2010年9月29日
登録番号 宅地建物取引業 国土交通大臣(1)第9715号

マンション管理業 国土交通大臣(2)第034026号

小規模不動産特定共同事業登録番号 東京都知事(1)第2号

小規模不動産特定共同事業 第1号事業者

資本金 15,000万円
公式HP https://www.syla-funding.jp/

 

まとめ:SYLA FUNDING(シーラファンディング)評判口コミまとめ

SYLA FUNDING(シーラファンディング)は、マンション販売のシーラ株式会社が運営している不動産クラウドファンディングです。

優先劣後出資に30%も行っているので、元本の安全性が高いことも特徴のひとつです。

自社案件を中心にファンドを組成しており、物件の詳細な情報を掴み、公開しているので、投資家は、より確度の高い情報から判断できます。

1口1万円からの、投資が可能ですので、不動産投資初心者がはじめの一歩として、取り組めますね。

募集金額の4倍以上の応募があるなど、非常に注目度も高いサービスです。

不動産クラウドファンディングおすすめ

-不動産クラウドファンディング

Copyright© 不動産クラウドファンディングおすすめ比較ランキング , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.