不動産クラウドファンディング

CREALクリアル評判と口コミ・メリットデメリットは?

不動産投資には、いくつかの投資手法があり、投資家は、自分の資産やキャリアなどに合わせて、投資方法を選んでいます。

不動産投資には、実物の不動産投資や、J-REITといわれる不動産投資信託などがありますが、2017年12月より、新しい投資手法が注目されはじめました。

不動産クラウドファンディングです。

不動産クラウドファンディングとは、インターネット上で複数の出資者を応募し、応募金額に応じて不動産を購入して運用します。

運用した不動産から出る収益を、出資割合に応じて分配するという投資方法です。

2017年12月より、不動産特定共同事業法が改正になり、制度が緩和されたことから、不動産クラウドファンディング事業の立ち上げが活発になりました。

多くの不動産クラウドファンディングサービスがスタートしたのですが、どのサービスにもさまざまな取り組みされています。

CREALも、そんな不動産クラウドファンディングの運営元ですが、不動産クラウドファンディングのなかでも特に注目されているサービスです。

どのような点に注目されていて、注意点などはあるのでしょうか?

この記事では、CREALの特徴や利用するメリット、口コミなどについて詳しく解説していきましょう。

 

CREALの特徴とメリット、おすすめポイント

CREALの特徴とメリットは、

  • 特徴1:株式会社ブリッジ・シー・キャピタルが運営
  • 特徴2:小額でも不動産に投資ができる
  • 特徴3:毎月配当で定期的な収益がある
  • 特徴4:情報量が非常に多い

詳しく説明していきますね。

 

株式会社ブリッジ・シー・キャピタルが運営

不動産クラウドファンディングを行うにあたり、運営会社がどこなのかというのか気になるところですね。

不動産クライドファンディングは、どの不動産会社も行えるというわけではありません。

しっかりとした行政審査をクリアした会社のみが取り扱えるサービスなのです。

CREALの運営会社は、株式会社ブリッジ・シー・キャピタル。

設立年月日は2011年と長いというわけではありません。

しかし、資本金は1億円。

売上も右肩上がりに上昇しており、2020年度の売り上げ見込みは、前年の4倍である約14億円を計上予定です。

順調な売り上げや、CREALのクラウドファンディング事業が評価され、イシン株式会社が選ぶベストベンチャー100社のうちの1社として選出されています。

不動産事業において着実に実績を積み上げている会社です。

 

小額でも不動産に投資ができる

不動産クラウドファンディングの最大の特徴は、小額投資が可能という点です。

不動産投資において最大の難点である、投資には大きな資金が必要だという点を解消しています。

いわゆる競馬でたとえると一口馬主という手法に似ています。

多くの出資者で、ひとつの不動産を購入して一口オーナーになれるのです。

最低金額は、不動産クラウドファンディングごとに異なります。

CREALの最低投資金額は、1万円です。

不動産投資初心者の人はとくに最初の入り口として入りやすく、おすすめできます。

一般的に、実物不動産投資は、最初に不動産を購入しなければいけないので、多額の資金が必要です。

多くは、融資を受けなければいけませんので、不動産投資初心者には、非常に大きな壁でした。

自己資金だけで投資できる不動産クラウドファンディングならば、リスク回避にも繋がります。

 

毎月配当で定期的な収益がある

CREALの不動産クラウドファンディングでは、配当が毎月行われます。

不動産クラウドファンディングの中でも、配当は償還後に一括で行われているサービスが多く、実は毎月配当というのは、他のサービスとの大きな差別化になっています。

毎月配当に関しては、運営会社でもある株式会社ブリッジ・シー・キャピタルの代表取締役社長である横田大造氏のインタビューでも触れられています。

毎月配当にすることにより、投資家に毎月収益が入るという安心感を与えるため。

そして、毎月家賃収入は入っているのに毎月配当しないのは運営会社の怠慢だと思っているからだそうです。

確かに、毎月収益が入ってくると安心感があり、なにより不動産投資を行っているというリアル感も毎月味わうことができます。

毎月配当もCREALを利用する大きなメリットのひとつです。

 

情報量が非常に多い

CREALの不動産クラウドファンディングの特徴を、社長がアピールする点が、物件の情報量です。

物件の透明性や情報開示料には大きなこだわりを持っています。

インタビューにおいて、物件の情報量の多さが他社との最大の差別化と語っています。

運営会社の強みである不動産ファンド事業を活かし、投資家に伝わりやすい情報の提供を心がけているようです。

透明性にとことんこだわった上に、写真などによる、画像の情報も非常に豊富に揃えています。

更に、ホテルファンドならば動画も準備しているのです。

ホテル運営者へのヒアリングも行い、ホテルの優待券なども用意している案件もあるようです。

情報量が多いと、投資判断の材料が増えますので投資家にとっても大きな安心材料ですね。

 

CREALのデメリット

ここからは、CREALのデメリットもしっかりとお伝えします。

  • デメリット1:先着順なのでクリック合戦になる可能性がある
  • デメリット2:償還が早まる場合がある

詳しく説明していきます。

 

先着順なのでクリック合戦になる可能性がある

プロジェクトが募集され始めると、募集金額が満額になるまで、先着順で受付されます。

現在、不動産クラウドファンディングへの投資は、非常に注目されていて大人気です。

これも社長のインタビューでの会話ですが、案件によっては、募集して30秒後には満額になることもあるそうで、投資家は、逆にあまり分析されていないのではないかと懸念されています。

逆説的に捉えると、CREALが提供する案件を投資家が信頼しているので、短時間でなくなってしまうともいえるでしょう。

どのような案件が出てくるのかをCREALのサイトをマメにチェックしておくと、募集開始日の前には案件が掲載されます。

案件に関する情報は、十分出ていますので、応募案件を短期間のうちに判断して乗り遅れないように心掛けることでしょう。

しかし、焦る必要はなく、コンスタントに案件は出ています。

しっかりと分析できた案件で、是非、応募したいと思ったら、募集開始の時間を忘れないように応募しましょう。

 

償還が早まる場合がある

不動産クラウドファンディングは、基本的に運用期間中に売却して、売却益を得るところでファンドは終了します。

運用期間はあらかじめ定められていますが、売却が運用期間中に決まった場合、償還が早まる可能性があるのです。

例えば、1年間の運用するファンドが8ヶ月目で売却が完了してしまった場合、1年間の期間であっても早期償還してしまいます。

この場合、インカムゲインである残りの4ヶ月分の配当は得られません。

8ヶ月を終了した時点で、プロジェクトは終了します。

元本もプロジェクトが早期終了した翌月末には、返還されるのです。

4ヶ月分の配当を得られませんので、想定利回りは下がってしまいます。

早めに売却が決まり、早期償還がある可能性があることは、念頭に置いておきましょう。

 

CREALの評判・口コミ

ここからは評判や口コミをまとめます。

 

CREALの新しい案件について紹介しています。

非常に利回りが高いことを感心していますが、コロナショックも踏まえ、投資するかどうかを検討しています。

 

CREALの評判や口コミなどを解説しています。

安全性を重視した、安定感のあるクラウドファンディングとの評価を行っています。

 

CREALのプロジェクトについて投資するかを悩んでいますが、他の不動産クラウドファンディングよりも透明性が高く、評価額も適正と評しています。

 

CREALから募集された新しいプロジェクトを紹介しています。

魅力的なファンドだと評しており、具体的な分析まで行っており、投資したくなるとの総評です。

 

実際にCREALの不動産クラウドファンディングで1年間運用した人の結果を解説しています。

1年間使ってみて、利益はもう少し欲しかったけど、すごく楽で今後も使い続けたいとの感想でした。

 

CREAL:Q&Aよくある質問

ここからは、CREALについてよくある質問をまとめました。

 

想定利回りと期間は?

およそ4.0%から5.0%に設定しています。

これ以上の利回りを追求するとリスクも高まるため、安全性を考慮しています。

期間は、案件によってさまざまです。

最短で4ヶ月、最長で24ヶ月のプロジェクトが実績となっています。

元本保証されてる?

元本は保証されていません。

入出金手数料はかかる?

入出金手数料はかかります。

入金口座が楽天銀行ですので、楽天銀行同士なら振込み手数料は安いです。

出金手数料も同じく楽天銀行以外は、金融機関の手数料によって異なります。

事前入金は必要?

入金は契約確定後でかまいませんし、事前入金の必要もありません。

優先劣後はある?何%?

優先劣後出資はあります。

10%~20%と案件によって異なります。

 

CREALの始め方|カンタン無料な口座開設方法

 

CREALの会社概要・基本情報 

名称 CREAL
運営会社 株式会社ブリッジ・シー・キャピタル
住所 東京都中央区銀座2-16-11片帆ビル3階
設立 2011年5月11日
登録番号 不動産特定共同事業許可番号 東京都知事 第112号

第二種金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第2898号

宅地建物取引業 東京都知事(1)第100911号

資本金 100,000,000円
公式HP https://bridge-c.com/

 

まとめ:CREAL評判口コミまとめ

CREALは、株式会社ブリッジ・シー・キャピタルが運営するクラウドファンディングのサービスです。

圧倒的な情報量の多さを特徴とし、2020年4月時点で組成ファンドは26本。

調達額は40億円超と順調に推移しています。

これまで、既に償還を迎えた案件に関しても元本を割れる案件は一つもありません。

最低投資額は、1万円から利用できるので、特に不動産投資初心者にはおすすめです。

また、優先劣後出資を行っており、案件にもよりますが、10%~20%の評価額下落は、運営会社が負うことになるので出資者の元本に影響はありません。

元本の下落リスクもできるだけ回避できますので、安全性も高いサービスといえます。

今後も、収支表の作成などさまざまなサービスを提供予定ですので、今後の動きに大きな期待が寄せられます。

 

不動産クラウドファンディングおすすめ

-不動産クラウドファンディング

Copyright© 不動産クラウドファンディングおすすめ比較ランキング , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.